オタブロ > IT知識 > Python > 【Python】GUI画面を作ってみよう(画面、ボタン編)

【Python】GUI画面を作ってみよう(画面、ボタン編)

IT知識

今回はPythonでGUIの画面と画面内のボタンを作る方法について紹介します。

画面とボタンだけなのでそこまですごいものは作りませんが、この記事で作ったものから自分で機能を追加していけば、すごいGUIアプリが作れるかもしれないですね。

Pythonを扱っているプログラミングスクールをお探しの方は、転職サポートやオンライン特化が魅力的なテックアカデミーがおすすめです。

全体のコードは一番下にあるので画面のベースをつくるのがめんどくさい方はそちらからコピペでOKです。

スポンサーリンク

GUIとは?

GUIとはGraphical User Interfaceの略でボタンなどを表示させ、マウス操作やタッチだけで操作できるようにしたインターフェースです。

このGUIと対照的にCUI(Character User Interface)というものも存在します。マウスを使わずキーボードで操作をします。

こちらのCUIはコマンドプロンプトの操作を思い出すとイメージしやすいと思います。

画面を作成

まずはtkinterをインポートしましょう。

tkinterとは、GUI(グラフィカルユーザーインターフェイス)を作るためのライブラリでMacやLinux、WindowsなどさまざまなOSで使用できるようです。

tkinter パッケージ ("Tk インタフェース") は、 Tk GUI ツールキットに対する標準の Python インタフェースです。 Tk と tkinter はほとんどの Unix プラットフォームの他、 Windows システム上でも利用できます。 (Tk 自体は Python の一部ではありません。 Tk は ActiveState で保守されています。)

https://docs.python.org/ja/3/library/tkinter.html
import tkinter as tk

tkinterをインポートした後は、GUIの画面を作るためのTKインスタンスを生成します。

#TKインスタンスを作成
gui = tk.Tk()

次にgeometryメソッドで画面サイズ、titleメソッドで画面タイトルを指定します。

#画面サイズを指定
gui.geometry('400x400')
#画面タイトルを指定
gui.title('GUIapp')

ボタンの作成

#ボタンを画面上に作成
button = tk.Button(
    gui, text='button').pack(side=tk.TOP)

tk.Buttonで作成し「text」にボタンの名前、「pack」でボタンの位置を決めます。

今回はボタンを上に作成するためpackメソッドで「TOP」を指定しています。

説明
TOP上から設置
BOTTOM下から設置
LEFT左から設置
RIGHT右から設置

ボタンの配置に関するメソッドはpackメソッドだけではなく、gridメソッドや、placeメソッドもあるので使ってみてください。

ここまで書けたら最後に以下を記載します。

#画面の状態を維持
gui.mainloop()

mainloopメソッドは画面表示を維持するためのメソッドで、コードが実行し終わるとプログラムが終了されて、画面も消えてしまうのでそれを避けるためのmainloopメソッドとなります。

ここまで書けたらプログラムを実行してみましょう。以下のような画面が表示されるはずです。

全体コード

こちらが全体のコードになります。コピペでもOKです。

import tkinter as tk

#TKインスタンスを作成
gui = tk.Tk()

#画面サイズを指定
gui.geometry('400x400')
#画面タイトルを指定
gui.title('GUIapp')

#ボタンを画面上に作成
button = tk.Button(
    gui, text='button').pack(side=tk.TOP)

#画面の状態を維持
gui.mainloop()

ぜひこの記事のコードを参考にGUIアプリを作ってみてください。

次の記事はこちら

【Python】GUI画面を作ってみよう(メニュー、ボタン配置編)
今回はPythonでGUI画面画面にメニューの作成とボタンの位置を変える方法を紹介していきます。PythonでGUI画面を作りたい方や、プログラミングを勉強している方におすすめの記事となっています。前回の画面とボタン作成についての記事はこち
タイトルとURLをコピーしました