オタブロ > IT知識 > LPIC level1学習メモ【パッケージ管理】

LPIC level1学習メモ【パッケージ管理】

IT知識

パッケージ管理とは、設定ファイルや実行プログラムなどを1ファイルにまとめたパッケージを管理することです。

具体的にはパッケージがどこにインストールされているか、どのようなパッケージがあるかなどを管理していたり

パッケージAがないとパッケージBが使えないといったパッケージの依存関係、パッケージAによってインストールされたファイルがパッケージBでもインストールしようとするパッケージの競合を監視しています。

スポンサーリンク

Debian形式とRPM形式

パッケージ管理は主にDebian形式とRPM形式があります。Debian形式はDebian系のディストリビューションでRPM形式はRedHat系のディストリビューションで利用されています。

Debian形式

Debian形式のパッケージ管理ではdpkgコマンド、APTツールが使われます。

dpkgコマンドの形式としては以下のようになります。

dpkg (オプション) アクション

オプション

-E同じバージョンがあればインストールしない
-G新しいバージョンがあればインストールしない

アクション

-iインストール
-rパッケージをアンインストール(設定ファイルは残す)
-P設定ファイルも含めパッケージをアンインストール

APTツールはapt-getコマンドというコマンドが含まれておりこのコマンドでパッケージをインストール、アンインストールなどを行っています。

apt-getコマンドの形式として以下のようになります。

apt-get (オプション) サブコマンド パッケージ名

オプション

-dファイルダウンロード
-s動作をシュミレート

サブコマンド

installパッケージをインストール
removeパッケージをアンインストール
updateパッケージデータベースをアップデート

RPM形式

RPM形式のパッケージ管理ではrpmコマンドが使われます。

rpmコマンドの形式としては以下のようになります。

rpm オプション (サブオプション) パッケージ名

オプション

-iパッケージをインストール
-eパッケージをアンインストール
-q指定したパッケージがインストールされているか確認

おすすめの参考書↓↓

以下の記事ではおすすめのプログラミングスクールも紹介しています。インフラエンジニアについての知識も身につけられるスクールもあるのでぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました