オタブロ > IT知識 > Linuxコマンド 一覧 (ファイル・ディレクトリ操作)

Linuxコマンド 一覧 (ファイル・ディレクトリ操作)

Linuxコマンド IT知識
  1. cdコマンド
  2. lsコマンド
  3. cpコマンド
  4. touchコマンド
  5. mkdirコマンド
  6. rmコマンド
  7. mvコマンド

以下はファイルやフォルダの操作コマンドとなります。

スポンサーリンク

cdコマンド

cdコマンド

用途:別にディレクトリに行きたいときに使う
使用例:$ cd 移動したいフォルダ名

cdコマンドは、別にディレクトリに行きたいときに使います。

先ずはpwdコマンドで現在のディレクトリを確認してみましょう 。

  1. $ pwd
  2. /home/user

次にlsコマンドでカレントディレクトリの中を確認してみましょう。

  1. $ ls
  2. test

cdコマンドでtestに移動します。

  1. $ cd test

pwdコマンドで現在のディレクトリを確認してみましょう。

  1. $ pwd
  2. /home/user/test

ホームディレクトリへ移動

  1. $ cd

一つ上のディレクトリへ移動

  1. $ cd ..

lsコマンド

用途:カレントディレクトリのファイルやフォルダを一覧表示
使用例:$ ls 表示したいディレクトリ名かファイル名

さっそくコマンドでディレクトリの一覧を表示してみましょう。

  1. $ ls
  2. test

あらかじめ用意していたtestディレクトリが表示されます。

つぎにtestに対してlsコマンドを使ってみましょう。

  1. $ ls test
  2. test.txt

test.txtが表示れます。

以下は、lsコマンドのオプションになります。

-aオプション

  1. $ ls -a

-aオプションを使うと、ファイル名の先頭に「.」のある隠しファイルも表示します。

-lオプション

  1. $ ls -l

ファイルごとの詳細情報が表示されます。

-1オプション

  1. $ ls -1

一覧を縦に表示します。

-tオプション

  1. $ ls -lt

lオプション特に合わせることで時間も表示します。

cpコマンド

cpコマンド

用途:ファイルのコピー
使用例:$ cp コピー元 コピー先

「cpコマンド」はファイルをコピーするときに使用します。さっそくコマンドの使用例を見ていきましょう。

先ずlsコマンドで現在のディレクトリのファイルやフォルダの一覧を表示し中身を確認します。

  1. $ ls
  2. test

次に testの 中身をlsコマンドで確認します。

  1. $ ls test
  2. test.txt

testにtest.txtがあるのでcpコマンドでコピーしてtest2.txtという名前を付けましょう。

  1. $ cp test/test.txt test/test2.txt
  2. $ ls test
  3. test.txt test2.txt

rオプション

ディレクトリをコピーします。

iオプション

同じファイル名がある場合上書き確認する。

pオプション

タイムスタンプや所有者情報などもコピーする。

fオプション

強制的にコピーを行う。

touchコマンド


用途:ファイルの作成
使用例:$ touch 新しいファイル名

mkdirコマンド

用途: ディレクトリの作成

使用例:$ mkdir ディレクトリ名

rmコマンド

使用例:$ rm ファイル名

用途: ファイルの削除

mvコマンド

使用例: $ mv 移動元 移動先

用途:ファイルの削除

タイトルとURLをコピーしました