オタブロ > IT知識 > PHP > 【Laravel】Requestクラスの基本的な使い方

【Laravel】Requestクラスの基本的な使い方

IT知識

Laravel6によるRequestクラスの基本的な使い方についてまとめた記事となります。

参考

HTTPリクエスト 6.x Laravel
スポンサーリンク

all

allはリクエストされたすべての入力を配列で取得することができます。

$request->all();

all  ソースコード

public function all($keys = null)
{
    $input = array_replace_recursive($this->input(), $this->allFiles());

    if (! $keys) {
        return $input;
    }

    $results = [];

    foreach (is_array($keys) ? $keys : func_get_args() as $key) {
        Arr::set($results, $key, Arr::get($input, $key));
    }

    return $results;
}

出力結果

array:2 [▼
  "title" => "test"
  "body" => "test"
]

input

inputはユーザーが入力した値すべてを取得することができます。

引数にkeyを指定することでその値のみを取得することができます。

$request->input();

input ソースコード

public function input($key = null, $default = null)
{
    return data_get(
        $this->getInputSource()->all() + $this->query->all(), $key, $default
    );
}

出力結果

array:2 [▼
  "title" => "test"
  "body" => "test"
]

query

queryはリクエストで指定されたクエリパラメータを取得することができます。

デフォルトで指定されたクエリパラメータをすべて取得できますが、引数にkeyを指定することでその値のみを取得することができます。

$request->query();

query ソースコード

public function query($key = null, $default = null)
{
    return $this->retrieveItem('query', $key, $default);
}

出力結果

array:1 [▼
  "keyword" => "test"
]

boolean

boolean は「1、"1"、true、"true"、"on"、"yes"」をtureで返しその他をfalseで返します。

$request->boolean('body');

boolean ソースコード

public function boolean($key = null, $default = false)
{
    return filter_var($this->input($key, $default), FILTER_VALIDATE_BOOLEAN);
}
タイトルとURLをコピーしました