オタブロ > IT知識 > PHP > 【Laravel】例外処理の基本

【Laravel】例外処理の基本

IT知識
スポンサーリンク

例外処理の使い方

例外処理はエラー時の処理を指定して処理させることができます。

tryの中でエラーが起きた場合はcatchの処理が実行されます。

こちらの例では、エラー時に「errorです」とメッセージを出力させています。

try {
    $test = 'test';
    if($test === 'test'){
        throw new \Exception ('errorです');
    }
}catch (\Exception $exception){
    dd($exception->getMessage());
    return;
}

$exception->getMessage()でExceptionで指定したメッセージを出力しています。

public function __construct(
    #[LanguageLevelTypeAware(['8.0' => 'string'], default: '')] $message = "",
    #[LanguageLevelTypeAware(['8.0' => 'int'], default: '')] $code = 0,
    #[LanguageLevelTypeAware(['8.0' => 'Throwable|null'], default: 'Throwable')] $previous = null
) {}

Exceptionインスタンスを生成した際にメッセージ以外に例外コードなども指定することができます。

結果

"errorです"

getMessageが実行され上記のようにメッセージが出力されました。

メッセージ以外にも

以下のようにExceptionインスタンス生成時引数に例外コードを指定しgetMessageの箇所をgetCodeにすると例外コードが取得を取得することもできます。

try {
    $test = 'test';
    if($test === 'test'){
        throw new \Exception ('errorです',1);
    }
}catch (\Exception $exception){
    dd($exception->getCode());
    return;
}
タイトルとURLをコピーしました