オタブロ > IT知識 > 【Apache】の基本コマンドである起動、停止、状態確認の実行コマンドをついて紹介します。

【Apache】の基本コマンドである起動、停止、状態確認の実行コマンドをついて紹介します。

Apache-3 IT知識
Apache-3

今回はApacheの基本的な操作である起動、停止、ステータス確認を実行できるコマンドについて紹介していきます。

ApacheはWebサーバーには欠かせないソフトウェアとなってくるのでぜひこの記事がお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

Apacheの起動

まずはrootユーザーへスイッチしましょう。

$ su -
Password:

そしてsystemctl start httpdでApacheを起動します。

$ systemctl start httpd
==== AUTHENTICATING FOR org.freedesktop.systemd1.manage-units ===
Authentication is required to manage system services or units.
Authenticating as: root
Password:
polkit-agent-helper-1: pam_authenticate failed: Authentication failure
==== AUTHENTICATION FAILED ===
Failed to start httpd.service: Access denied
See system logs and 'systemctl status httpd.service' for details.

Apacheが起動できたらhttp://localhostに接続してみましょう。うまくApacheが起動できていれば以下のような画面が表示されます。

Apache-3

うまくいかなければiptablesの設定やfirewalldを見直してみましょう。

Apacheの停止

続いてApacheの停止コマンドについて紹介していきます。Apacheの停止はsystemctl stop httpdを実行します。

$ systemctl stop httpd
==== AUTHENTICATING FOR org.freedesktop.systemd1.manage-units ===
Authentication is required to manage system services or units.
Authenticating as: root
Password:

これでApacheの停止ができました。実際にhttp://localhostに接続して画面を確認しましょう。停止ができていれば以下のような画面が表示されます。

うまくできましたでしょうか?最後にApacheのステータスを確認するコマンドを紹介します。

Apacheの状態確認

Apacheの状態を確認したいときはsystemctl status httpdを実行します。停止している時はActive: inactive (dead)が表示されます。(分かりやすいように赤字にしています。)

$ systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
Active: inactive (dead)
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)

Apacheが起動している時はActive: active (running)が表示されます。(こちらも分かりやすいように赤字にしております。)

$ systemctl status httpd
● httpd.service - The Apache HTTP Server
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/httpd.service; disabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Wed 2020-11-25 13:12:07 UTC; 9s ago
Docs: man:httpd(8)
man:apachectl(8)
Main PID: 2781 (httpd)
Status: "Total requests: 0; Current requests/sec: 0; Current traffic: 0 B/sec"
CGroup: /system.slice/httpd.service
tq2781 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
tq2782 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
tq2783 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
tq2784 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
tq2785 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND
mq2786 /usr/sbin/httpd -DFOREGROUND

以上、Apacheの基本的な操作について紹介してきました。

他にもApache周りのコマンドは沢山あるので基本だけでも覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました