オタブロ > IT知識 > これから伸びるIT業界!IT用語を学習しよう【Git】

これから伸びるIT業界!IT用語を学習しよう【Git】

Git (1) IT知識

Gitとは分散型リビジョン管理システムのことでITインフラのコード管理やWeb業界で活用されています。またリビジョンという言葉を聞きなれないという方もいると思いますが、バージョンのようなものととらえれば大丈夫です。

Gitを扱うメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

  1. 複数人でのファイル管理ができる
  2. バージョンをさかのぼることができる
  3. 過去の変更履歴がわかる

細かいこと言うと他にもメリットはたくさんありますが、基本的にはこんな感じです。

そしてGitをつかうには覚えなくてはいけない用語があります。これを覚えていないと実際に作業をする時に訳が分からなくなります。

覚える用語としては、以下のものを覚えておけば基本的に大丈夫です。

  1. リポジトリ
  2. クローン
  3. コミット
  4. ブランチ
  5. マージ

ということで以下からは、上記の用語について解説していきます。

スポンサーリンク

リポジトリ

リポジトリとはファイル、ディレクトリを管理するものでローカルリポジトリ、リモートリポジトリがあります。

ローカルリポジトリは、自分のPCのローカルで変更などができるリポジトリでリモートリポジトリは複数人で共有しているネットワーク上のリポジトリです。

リモートリポジトリの内容をローカルリポジトリにプル(ダウンロード)したりローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリにプッシュ(アップロード)したりします。

クローン

クローンはリモートリポジトリをローカルリポジトリにコピーすることです。

プルと少し似ていますがプルは既に存在しているローカルリポジトリにリモートリポジトリの内容を反映し、クローンはローカルリポジトリに存在していないものをリモートリポジトリから持ってくることです。

もっと簡単に言うとローカルで持っている黄色の紙をリモートと同じ青色の紙に変えたいときはプルを使います。(PCに紙という概念はありませんがわかりやすくするため)

クローンは自分の持っていなかった青い紙をリモートからローカルにコピーします。

コミット

変更した内容をローカルリポジトリに反映させます。大体はローカルリポジトリでコミットしたものをリモートリポジトリにプッシュします。

ブランチ

ブランチは簡単に言うとパラレルワールドを作るようなものです。

例えばパラレルワールドAの太郎君は野球をたくさん練習したので野球が上手です。

対してブランチで作られたパラレルワールドBの太郎君はサッカーをたくさん練習したのでサッカーが上手です。

こういった感じで野球が上手な太郎君とサッカーが上手な太郎君が存在できます。そしてこのパラレルワールドAとBの世界を合体させることで野球とサッカーが上手な太郎君になることもできます。

つまりは作業に影響のない場所をりそこで作業を進められるといった感じです。

マージ

マージとは簡単に言うとブランチで作られたパラレルワールドを合体させることです。

マージという機能は非常に便利ですがコンフリクトといってマージする際にAさんとBさんで同じ個所を別内容で更新してしまう場合もあるので注意が必要です。

以上!!!

以下の記事ではおすすめのプログラミングスクールの紹介をしているのでエンジニアを目指している方、スキルアップしたい方は是非ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました