オタブロ > IT知識 > これから伸びるIT業界!IT用語を学習しよう【Docker】

これから伸びるIT業界!IT用語を学習しよう【Docker】

dockerについて IT知識

dockerとは仮想マシンに似た技術のコンテナ型仮想ソフトウェアのことです。VirtualBoxなどのような仮想環境よりも軽くOSもホストOSのカーネルを共有するためホストOSのみで動かすことができます。

図にするとこんな感じです。

導入も簡単でdocker hubから様々なイメージのダウンロードも可能です。また以前まではLinuxでしか利用できないようでしたが、現在はWindowsでも利用することができます。

スポンサーリンク

dockerを使うメリット

dockerを使うには様々なメリットがありますが主なメリットとしては以下の2点が挙げられます。

VMと比べて軽い

ゲストOSがないためVMなどと比べると立ち上げがかなり軽く、コマンドを打ってからの動作が遅い、立ち上げが遅いなどというストレスがなくなります。

環境構築が簡単

docker hubからイメージなどを取得してくることでdockerでは環境構築が簡単にできます。

dockerイメージ

dockerには様々な用語がありdockerを触ったことがない方には聞き覚えのない用語が出てきます。とうにイメージという用語は聞き覚えがないと思います。

イメージとはコンテナの元となるものです。docker search イメージ名でイメージを検索することができます。

centosやApacheなどのイメージなどが存在しているのでぜひコンテナを作成してみてください。

dockerの主なコマンド

docker ps

docker ps -aではコンテナの状態(起動中のコンテナ)を確認することができます。「-a」をつけることで起動していないコンテナの表示をすることもできます。

docker search イメージ名

docker searchではイメージ名の検索ができます。検索したイメージを「docker pull」で取得することもできます。

docker start コンテナ名

docker startは作成したコンテナを起動させることができます。

docker rm コンテナID

docker rmはコンテナ削除をすることができます。

docker stop コンテナ名

docker stopは作成したコンテナを停止させることができます。

最後に

dockerは環境構築が簡単で初心者がITについての勉強をするにもかなりおすすめです。実際に現場でもdockerは使われているとこもあり、エンジニアとして覚えておいて損はない知識であり主流になりつつあるのでぜひ覚えておきましょう。

以下の記事ではおすすめのプログラミングスクールも紹介しています。インフラエンジニアについての知識も身につけられるスクールもあるのでぜひご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました